6月26日(火)・・・岩見沢のおやき屋さん

北海道産のイチゴが出始めました。この時期は毎年、三笠に仕入れに週1回は、通っています。帰り道、岩見沢のおやき屋さん、菊水堂さんに寄ってきました。いつもなら、5時近くには、閉店しているのですが、この日は、販売終了の札がかかってなくて店内へ。おばあちゃんが、今日はクリームしか残っていないのと。僕は、あんこよりクリームの方が大好きだよ、助かったよ~と僕。おばあちゃん、珍しいね、この時間までお店あけてるの?娘がクリームを最後に焼いて行って10個残っているから、なかなか帰れなくてね。じゃぁ半分の5個ちょうだいと、僕。1個おまけ。6個、嬉しい。(僕も自分のお店で同じ様な事している(笑))僕が中学校の時、4条通りでやっていたよね?そう、なくなったおじいちゃんと29歳からやっているからね。お兄さん、岩見沢かい?小学、中学の時に当時、70円か80円のおやき、自転車で買いに来てたよ。今と同じクリームばっかりね(笑)。お父さんと頑張ってやってきた店だから、私が今もお父さんの思いを継いで娘に手伝ってもらいながらやっているよ。お客様も世代が変わっても来てくれるし、まだまだ頑張りたいね。本当に、勉強になります、体、無理しないでください。82歳なると肩も手も上がらなくなってね・・・包むの適当で大丈夫だからと僕。ここまでしても、おばあちゃんは、頑張っているのは、すべては、お店に通われるお客様の為なのでしょう。後、クリーム4個売れれば閉店ですね、と話していると、近所のお母さんが、買い物袋持参で、数も種類も聞かず、残っているおやき全部持って行くからと笑顔でご来店。今日は、このお兄さんも沢山買ってくれ、クリーム4個しかないよ。そんだけかい(笑)、全部頂戴!!(僕に1個サービスしてくれてゴメンネ)無事、閉店。。おばあちゃん、勉強になりました。このおばあちゃんとの会話に学ぶ事といくつかの答えがあると感じました。僕が小学校6年生の時、35年前、おばあちゃん、47歳くらい。1個何十円のおやきを夫婦2人でお子さんを育てながら頑張ってきたのでしょう。岩見沢の街並みや時代の変化を感じながら、自分の仕事を貫くのは、どんなに大変だったか・・・。まだまだ、僕らも頑張らなければ・・・82歳のおばあちゃんが、手も肩も痛い思いしながら、お店に来るお客様の為に頑張っている姿、本当に感動しました。
毎日、来店されるお客様への感謝の気持ちを忘れたら行けないね。死ぬまで頑張りなさい・・・とおばあちゃん。ありがとうございました。
f0202703_02322160.jpg
岩見沢に行った時は、是非、寄ってあげて欲しいです。
f0202703_02333691.jpg

by kissa-yugo | 2018-06-27 02:37 | Comments(0)
<< 6月28日(木)・・・千愛を囲んで 平成29年度の道東家族旅行・・・③ >>